FC2ブログ

趣味雑記帳

若いうちは、いろいろしよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やってみたかった鎌倉散策

3/17日はモンスターコレクションTCGの新作、

「ヴァローカの精霊祭」の発売日。

ことの始まりはその約3日前のこと。

NIX氏「往復の交通費代出すから東京出てこいや。」

谷口「その話、面白そうだから乗った!」

的なやり取りがあり、バスをとることに。

ちょっとした手違いで1日ずれて予約してしまった谷口。

……
「あ、江の島行こ。」



(↑という感じにね、ふと思いついた感じでね。重要。






(あ、ここから大分長くなるんで逃げるなら今のうち。)

さて、1日早く東京に着いてしまった谷口。

新宿着5:30。もちろんAM。高速バスだからね!

で、ここまできたらやるしかない!「鎌倉散策」。

というのもここ最近、読む小説・マンガいろいろがことごとく鎌倉!

これはもう神様の思し召しだったのですね…。

桜庭一樹の某小説、村山由佳の某小説、志村貴子の某マンガ。

そしてもう十年来の付き合いになるアニメ「うた∽かた」!!!

その他いろいろあった気がするけど、まぁ鎌倉なわけです。

そうなったらもう巡礼者としてはやらざるを得ない。

というか巡礼ってほどでもないけどとりあえず荒野の歩いてた場所を歩きたいやら

うた∽かたのうーみー!をやってみたりふみちゃんみたいに「あ、江の島行こう。」とか言ってみたいじゃん!!!



…という感じで鎌倉が熱いわけです。

いつか鎌倉に行けるようになった時のために、

それこそ10年くらい前に準備しておいた「うた∽かた」のスクリーンショットをもとに、

いろいろ散策しつつ巡礼、比較写真を作りたいと思います。

特に、以前一度観光で鎌倉には来ているので、

今回は「うた∽かた」の雰囲気を味わえるように、

あえて鎌倉の観光地ははずしたいと思います。

地元の路地裏的なところをたくさん歩きます。

観光というよりは散策、という感じに。

…まぁ一応行くけどね!鶴岡八幡宮とか!!!






まず、新宿から鎌倉に電車で向かいます。890円。地味に高いよ!

とはいえ乗り継ぎ1回で行けます。時間があれだったので、

通勤ラッシュというよりは小中高校生が大量に居ました。

荒野しかり青い花しかり、やっぱ鎌倉=女学生なイメージが強いもんで、

その光景見ただけでテンションあがりました。(若干変態ちっくなのはスルーして。



そうこうするうちに鎌倉駅到着。

鎌倉駅前

時間的にかなり人が多くなってきたので朝食も込みでマックへ。

窓際じんどって駅がん見!駅を見てると「うた∽かた」はもちろん、

姉、ちゃんとしようよ!の背景とかかなり思い出してアガるーーーっ!

↑の画像はちょっと正面から左にずれて撮ってますが、

正面から撮ると多分バスに轢かれます。早朝なら行けるかも…。



鎌倉を1周してから駅に戻って江の島行こうと思ってたんで、

軽く人がはけるのを待ってレッツ散策。

交差点1

ホテル鎌倉

井上蒲鉾店

「うた∽かた」は、当時にしちゃかなり舞台がそのまんまアニメに出てるんで、

その場所を見つけた時はかなりテンションアガります。

一応今回も事前に場所を調べることはしてませんっwww

自分で見つけた時の感動はたまんねぇ!のです。

↑は駅からまっすぐ行ったとこにある交差点の中にある3か所です。

蒲鉾店の中から窓拭いてる人がいてかなり撮りづらかったw

居なくなるまで待ったけど。



駅前からぐるっと後ろに回って、

でっかい地図があったんでそれ見ながら目的地を決める。

しかしアニメだと諏訪神社があるはずなんだけど、観光地図にはそれっぽいのがない!

しかたないから記憶とSSを頼りに散策開始。

諏訪神社1

諏訪神社3


諏訪神社2

「諏訪神社」

駅裏からまっすぐ行くと市役所があって、

その近くに「鎌倉市中央図書館」があるはずなんですけど、

その途中、交番がある交差点を市役所側に少し行くと、案外あっさりありました。

しかし!特徴は似てるけど決め手にかけるというか、ちょっと似てないんだけど…。

まぁ10年近く経ってるし、いろいろ変っててもしょうがないよね!金網とかないのもそのせい!



で、神社から学校の裏を通って図書館を探しに。

せっかくだから細い道を通ろうと思って、方角だけ忘れないようにぐるぐるぐるぐる…。

細道。

鎌倉市内、結構裏路地が多いです。

奥まっててなにもなさそうでも、そこにふつうに店があったりするんで、

隠れた名店、みたいな店を探すのも楽しいかも。

鎌倉市中央図書館

鎌倉市中央図書館看板

図書館の看板は、数か所おんなじ物があって、

交差点の、ブロック塀の上にあるコレが一番近いと思ってコレにしました。

学校の裏。

若干蛇足ですけど、この図書館の裏、というか正面?というか、

ここの路地がこの画像に似てる気がするんですけどどうでしょう。

神社からも遠くないし、通った道順かんがえると流れは悪くないんじゃないかな…w



図書館回収して一度駅前へ。

鶴岡八幡宮側に回ってみるのもいいかなと思っておもむろにそちらへ。

鳥居!

参道。遠近法らしいw

鳥居に向かって道路の真ん中を走ってる参道。

桜だったと思うけど、咲いたらかなり綺麗な画になりそう。

…でもこの参道、地元の人は通らないんだろうなw

鶴岡八幡宮を軽く見て回って、

なんかドラマの撮影をしてたみたいだけど、よくわからなかったんでスルーw



そのあと大通りを通らないで裏の商店街みたいなところを通って駅に戻る。

鎌倉といったら荒野に出てきた「うさまん」なるものを食べなきゃいかんと思って、

それもちらちら探していたんですけど、この通りにあったみたい。

想像してた物と大分違ったんでこれもスルーwちょっと残念。



その後駅に戻って、どうしようかなぁと思って、

観光案内の人に「海までどんくらいですか?」とたずね、

10分くらい歩けば着くとのことなので歩くことに。

鳥居!!

橋の下。

由比ヶ浜。

由比ヶ浜3-6

歩いてる途中で見覚えのある鳥居発見。

これもアニメ通りに写真撮ろうとすると確実に轢かれます。

完全に取りたいなら早朝とかに来ましょうw

海まで歩いて、砂浜を見ながら一服。

由比ヶ浜ですよ由比ヶ浜!愛の言霊ですよ!

それと橋の方は、花火の時だかに変身したとこに似てなくもないけど、

SSがなくて比較できず。ボラの稚魚みたいなのがたくさんいました。

この辺をぐるぐる回ってみて道路の青看板、よくわからんモニュメントを発見。

看板も角度的にちゃんと撮ろうとすると死ねます。

モニュメントの方は反対側の歩道から。

かんばん。

もにゅ。

モニュメントの方はまず間違いないと思うんですけど、

看板の方はちょっと自信ないです。

↑横須賀・逗子 134号線

←横浜・鎌倉駅 21号線

になってて、一番それっぽい看板がこれだったんでw

両方21号線がぶつかるT字路から200m以内くらいにあります。



さて、だんだん疲れてきたぞ。折り返しくらいかな。

由比ヶ浜で一休みして、来た道を戻らず裏道っぽいとこを通って鎌倉駅へ。

この裏道は江ノ電も通ってて結構いい雰囲気でした。

由比ヶ浜、和田塚あたりの駅を横目にあえて江ノ電鎌倉駅へ向かう。

江ノ電鎌倉駅

江ノ電鎌倉駅2

完全に駅裏のロータリー。

バス・タクシー乗り場はところどころアニメと雰囲気が違ったので、

約10年のうちに変わったのでしょう。変わったんだと思おうw

奥にやぐら見たいのがあるんですけど、そこが喫煙所。

その位置からして間違いないとは思います。

あとこの近くにあるコーヒー屋さんでアイスコーヒーを飲んだんですけど、

1杯600円もした!すごい美味しかったけど!



この辺りでだいたい11:30くらいだったかな。

江の島で昼飯を食おうと思ってたんで時間的にジャスト、江ノ電に乗って江の島へ。

江ノ電ってのはいいっすね!

極楽寺とかトンネルのあるトコの風景もかなり好みですが、

やっぱり海に面してるトコはもうホント綺麗!

あの高校通ってる人達がうらやましい、というか妬ましい!

江の島駅看板

江の島駅駅舎

この看板は結構感動的ですね。

駅舎の外はちょっと工事してたんで上の方w

こっからまっすぐ江の島方面へ。

…行ってたら1か所スルーしてたなw

駅から真横に、おもむろに横道に逸れてみる。

駅横の川沿い。

で、この場所発見。

ここでガードレールに乗っかって写真撮ってたら、

地元のヤンキー女子高生にすごい怪しまれたw

橋の入り口。

島に渡ってすぐの鳥居。

いわや。

岩屋まで写真撮りつつ歩いて、

いろいろモデルになってるとこが多かったことにびっくり。

そして岩屋から来た道を戻るのですが…、

…あの坂キツ過ぎwww鎌倉歩き回った後にこれはキツいw

で、若干疲れたんで例のお店へ。

漁見亭

実はこの店、以前来た時も行ったトコでした。

縁は異なものですな…。

中津宮?

龍恋の鐘の看板。

中津宮から岩屋の通り。

龍恋の鐘。

漁見亭から戻りつつ、神社他名所をぐるぐる。

割と人通りも少なくて写真を撮るのは楽でした。

神社のはまず間違いないと思いますが、

右奥にある赤い鳥居が見当たらないんですよねぇ。

あと龍恋の鐘の看板は、それらしきものはこれしかなくて、

「折れたりしたんだろな、きっと。」と勝手に納得しましたw

あと、キツかったのは鐘ですねw

男1人でうろうろするのはまぁいいとして、

写真撮るために「どけオーラ」を出すのはいやだから、

こう、自然な感じで遠くから様子見つつ、

人がはけたら写真撮る!ってのをやってました。

…しかしまぁカップルってのはいちゃいちゃしていつまでもそこにいるもんでw

時間かかることこの上ない!w足いてぇっつぅのw



そっからはう回路を通って「下山」w

橋を渡って江の島駅方面へ。

あの辺は、前に読んだ村山由佳の本に出てきた場所なんで、

雰囲気を味わいつつゆっくり歩きました。



で、実は鎌倉から江ノ電乗ってすぐの「和田塚」って駅の近くで、

かなーり見覚えのある景色、というか店があったので、

帰りにそこに寄ることに。

和田塚駅

無心庵

マンガの中で「こんなところにあったなんて。」みたいなことを言ってた気がするし、

何より見た目が似てたんで思わず入ってみる、が…。

男子1人で入る店ではありません!注意しましょう!

まぁ甘いものしかないのは甘党だからいいとして、

雰囲気とか、結構圧力が強くてすごく居づらい!w

女の子しかいないしw

最後の最後で失敗したー!って感じになりましたwww

完全に自分のせいですけどねw

この店、駅から出てすぐ横の「線路を渡って」直接店に入れます。

何というか、線路に入り口が面してます。

つまり、線路をまたぐというか。写真は線路の上から撮ってます。

ホントはよくないんだけどねw



こっからは駅に戻って電車で帰宅。

朝5:30に行動開始して、夕方4時に終了。その間ずっと歩きっぱなし!!!

相当足にキましたが何とかなりましたw



かねてからやりたかった鎌倉散策なわけですけどもっ、

かなーり楽しめました。

やっぱり裏道というか、観光目当てで来た人が通らないような道を歩くのが、

こういう街では面白いのかなぁと思いました。

しかも移動手段が電車・徒歩となるとある意味小回りが利く、

というのも良かったです。

最近は車や原チャで行ってしまうので、

徒歩で回るというのが出来ないんですよねすでに。

あとはやっぱり10年越しの想いが実ったというのはデカいw

おねてぃとかと同じ時期に見てたアニメだからねぇ。



今回やってみて、「自分には比較写真撮る素質ないんじゃね?」ってことに気付きましたw

なんかうまくいかんのだ。角度とか距離とかねw

やっぱり人目を気にしてたら出来ないんですかね。

って!

テレビ見てたらコレ鎌倉!!!

もしかして坂口出てるドラマってこの「最後から二番目の恋」ですかw

これのロケだったのか…。タイムリー過ぎるぞテレビw



いやーしかし、面白かった。鎌倉w

長々とお付き合いいただきありがとうございました!
スポンサーサイト
  1. 2012/03/21(水) 15:13:52|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<最近、 | ホーム | 曲の歌詞を打ち込む作業。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://keepon47.blog16.fc2.com/tb.php/309-34d11959
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

谷口正樹

Author:谷口正樹
ゲームいろいろ。
音楽いろいろ。
雑記いろいろ。

好きな音楽のジャンルは
・・・何でも(JPOPからアニソンまでw)
JPOPならB'z・T.M.R・ミスチル・BUMP・相対性理論。
やくしまるえつこにはノータッチ。

アニソン系ならI've関連・デジモン関連・yozuca*・rino・平野綾。

音ゲーはGITADORA。ドラムついに銅ネーム!ギターは5700ちょい。

ROはさらにいろいろあってラーズ。レンジャメインかな。

最新記事

最新コメント

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (108)
I've関連 (7)
ゲーム(普通) (67)
ゲーム(普通じゃない) (20)
アニメ (6)
マンガ (10)
旅 (42)
絵 (9)
小説 (41)
music (20)

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

こっそり

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。